ビオマルシェ 米ハウス

有機栽培米、オーガニック野菜などを会津よりお届けします

商品カテゴリ



米ハウスのご紹介動画

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  お米の保存方法

お米の保存方法

皆さんは、お米をどのように保存していますか。購入した状態のまま、袋の口を縛って保存しているという方も多くいらっしゃるはずです。しかしこれでは、お米の酸化や劣化を早めてしまいます。こちらでは、お米の保存方法についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

そのまま保存してはいけない理由

冒頭のように、なぜ購入した袋のまま保存してはいけないのでしょうか。それは袋の構造にあります。
ほとんどのお米の袋には、無数の小さな空気穴が空いています。これはお店の都合により空いているもので、ここから湿気を含む空気が流れこみ、酸化や劣化の原因となってしまうわけです。また、虫が発生する原因にもなりかねないため要注意です。

保存容器を活用しよう

上記を踏まえ、購入したお米は専用の保存容器に移し替えることをおすすめします。そこで米びつを活用するのが一般的ではありますが、新しいお米を入れる前に必ず一度はきれいに掃除をしてください。付着したぬかやゴミなどの汚れをそのままにしていると、虫が発生する原因となってしまいます。また、古いお米をすべて使い切ってから新しいお米を注ぎ足すという配慮も大切です。注ぎ足す前には、同じように米びつをしっかり掃除してから入れましょう。

この保存場所は避けよう

お米の出し入れが楽だからと、ついシンク下やレンジ下に保存してしまいがちです。しかしこうした場所は料理中に高温多湿となりやすく、保存場所として適していません。またお米は臭いを吸着しやすい性質を持ちますので、洗剤や化粧品、灯油など臭いの強いもののそばもNGです。強い臭いがなく、風通しのよい冷暗所を選んで保存してください。

通販でお米を購入するなら、小さな子供からお年寄りの方まで安心安全に食べられる有機栽培米をお選びください。
米ハウスでは、すばらしい自然条件のもと丹精を込めて育てあげた、極上の味を楽しめる会津ばんげ産の有機栽培米を販売しています。精米・玄米・もち米と揃えていますのでどうぞお買い求めください。また米ハウスの有機栽培米は、ご注文いただいた多くのお客様からも大好評です。試食してみたいという方は、300gから揃えていますのでぜひご注文ください。お待ちしています。